【阪神】糸原健斗、勝ち越し2点適時打 大野雄大撃ちで球場大盛り上がり

スポーツ報知
6回1死満塁、左前に勝ち越し2点適時打を放つ糸原健斗(カメラ・石田 順平)

◆JERAセ・リーグ 阪神―中日(24日・甲子園)

 阪神の糸原健斗内野手が勝ち越しの2点適時打を放ち、球場は大歓声が響いた。

 2―2で迎えた6回。1死から近本、佐藤輝の連続安打で二、三塁とすると、5番・大山が申告敬遠で満塁となった。第1打席で安打を放っていた糸原は1ボール1ストライクから中日・大野雄の147キロ直球を捉え、左前へ。大野雄撃ちで2点を奪った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×