【ソフトバンク】千賀滉大にアクシデント発生か 6回開始前の投球練習で1球投げて降板

スポーツ報知
6回、一旦マウンドに上ったものの、不調を訴える千賀滉大(左は森山良二投手コーチ、カメラ・岩崎 龍一)

◆パ・リーグ ソフトバンク―日本ハム(24日・ペイペイD)

 ソフトバンク・千賀滉大投手が“緊急降板”した。アクシデントが発生した模様だ。

 3点リードの6回が始まる直前。投球練習のためマウンドに向かった右腕だったが、軽く1球投げたところで顔をしかめると、森山投手コーチとトレーナーとともに治療のためベンチ裏へ。しかし、再び出てくることはなく藤本監督が投手交代を告げた。

 千賀は5回まで81球を投げ、5回3安打1失点。最速160キロを計測し、勝利投手の権利を得ていた。6月3日の中日戦(バンテリンD)では打席でフルスイングした影響もあり、6回途中で足をつって緊急降板していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×