【阪神】青柳晃洋、自ら大野雄撃ちの先制2点打 前回のエース対決は惜敗

スポーツ報知
2回2死満塁、青柳晃洋が先制の中前2点適時打を放つ(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 阪神―中日(24日・甲子園)

 阪神の青柳晃洋投手が自ら先取点をたたき出した。2回2死満塁の好機で大野雄の内角速球を捉え、中前へ2点打を放った。

 大野雄とは5月6日以来の投げ合い。前回のバンテリンDでは、9回まで完全投球だった竜のエース左腕に負けじと無失点で延長戦に持ち込んだ。しかし、延長10回に1死満塁のピンチを背負い、石川昂にサヨナラ打を浴びていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×