【巨人】先発の井上温大は4回9安打5失点 イースタン・リーグの日本ハム戦は6―5で勝利

スポーツ報知
巨人・井上温大

◆イースタン・リーグ 日本ハム5―6巨人(24日・鎌ケ谷)

 巨人2軍はイースタン・リーグの日本ハム戦に臨み、6―5で勝利した。

 打線は初回、相手投手の2四球などで、2死一、二塁とし、萩原が右翼線を破る先制の適時二塁打を放つと、続く秋広が死球で2死満塁。香月の打席では相手投手の暴投で、走者2人が生還し、この回だけで3点を挙げた。

 しかし、先発の井上がその裏に2死一塁から4番・佐藤に中越えの適時二塁打を浴び、続く5番・清水に中前適時打を許して1点差に。3―2の2回も2死二塁から1番・王の適時二塁打で同点とされた。

 3回には佐藤のソロで勝ち越されたが、4回1死から香月が姫野のフォークを捉えて右翼へ同点ソロ。しかし、その裏、1死から王に今度は右翼へ勝ち越しソロを浴びた。井上は4回9安打5失点で降板した。

 5回からマウンドに上がった2番手・井納は、5回、清水、阪口から空振り三振を奪うなど3者凡退。7回も上野を空振り三振、代打・梅林を見逃し三振に仕留めるなど、3人で片付け、3回1安打無失点、5奪三振と好投した。

 8回は3番手・戸根がこの回の先頭・古川裕に四球を与えたが、7番・阪口を空振り三振。8番・細川を一ゴロ併殺打に打ち取った。

 1点を追う9回、この回の先頭・香月の内野安打や相手投手の失策が絡んで無死満塁の絶好機。中山が押し出しの死球を選び同点とし、なお無死満塁では平間の遊ゴロ間に走者が生還。土壇場で逆転に成功した。

 9回裏は、4番手・沼田が四球を出しながらも安打は許さず無失点に抑え、勝利した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×