【大学野球】同大・青地斗舞、大阪桐蔭高の盟友・中日の根尾投手にエール「何をやっても頑張っていけるのが根尾さん」

スポーツ報知
同大の青地斗舞

◆報知新聞社後援 第29回大学野球関西オールスター5リーグ対抗戦第1日 ▽1回戦 関西学生野球5X―4関西六大学=延長10回タイブレーク=(24日・わかさスタジアム京都)

 関西学生野球連盟の同大・青地斗舞外野手(4年)が、大阪桐蔭高でチームメートだった中日・根尾昂投手にエールを送った。

 2018年に「2番・右翼」として同校の春夏連覇に貢献した青地は「高校のときから、どっち(投手と野手)をやってもすごかった。打者ですごく良くなってきた中での投手だったので、いろいろ思うことはあるかもしれないんですけど、すごく真面目、何をやっても頑張っていけるのが根尾さんだと思うので、投手としても期待しています」と願った。

 根尾が投手に転向するという報道を見て「根尾さんに一言、頑張れと言いたくて」と連絡すると「投手をやりながら、打者も頑張る」と返事が来たという。「新しい形をつくってくれたらうれしい」と声を弾ませた。

 関西学生野球連盟の主将を務める青地は、関西六大学戦に「5番・指名打者」で先発。2打数1安打で4点差逆転勝ちに貢献した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×