稲見萌寧、山下美夢有ら4人が5アンダー首位、前週V・西村優菜は31位に後退…強風下で第2R午前組終了

スポーツ報知
稲見萌寧

◆日本女子プロゴルフツアー アース・モンダミンカップ 第2日(24日、千葉・カメリアヒルズCC=6639ヤード、パー72)

 強風の下、第2ラウンドが行われ、午前組がホールアウトした。

 首位と1打差の2位で出た稲見萌寧が3バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの74で回り、通算5アンダーでホールアウト。午後組がプレー中だが、現時点で暫定首位に立っている。首位スタートの山下美夢有、71で回った藤田さいき、川岸史果も5アンダーで暫定首位に並んでいる。

 ささきしょうこ、若林舞衣子、木村彩子、福山恵梨、イ・ミニョン(韓国)が4アンダーで1打差の5位タイ。

 昨年大会覇者の菊地絵理香、ルーキーの佐久間珠莉、佐藤心結、山内日菜子、川崎春花、安田彩乃、高木萌衣、野沢真央が3アンダーで10位につけている。

 32位で出た15年、16年大会覇者のイ・ボミ(韓国)は5ホールを終えて、2アンダー18位に浮上している。自身2度目の2週連続優勝を目指す西村優菜は5位で出て、77と伸ばせず、イーブンパーの31位に順位を下げている。

 午前11時51分に風速18・8メートルを観測。パッティングの時にボールが動いたり、帽子が飛ばされたり、選手たちは耐える戦いを強いられている。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×