ラグビー日本代表リーチに初先発SO山沢から質問「引退後は…」25日ウルグアイ戦

ラグビー日本代表の前日連取で指示を聞く(左から)SO山沢拓也、梶村祐介
ラグビー日本代表の前日連取で指示を聞く(左から)SO山沢拓也、梶村祐介

 ラグビー日本代表は25日に北九州ミクニスタジアムで、ウルグアイ代表と対戦する。24日は会場で前日練習が行われた。

 練習後に取材に応じたフランカーのリーチ・マイケル(BL東京)は「(宮崎合宿は)フルで練習できて、GPSのスタッツも良く納得できた」と、実力で先発を勝ち取った手応えは十分。今回の出場メンバーで最多72キャップの実績におごることなく「あとはピッチレベルでどう出すか。いい形で入れると思う。ここで油断せずにいいパフォーマンスを出したい」と力を込めた。

 3週間におよんだ宮崎合宿では、この試合で10番を任される山沢拓也(埼玉)と同じ部屋だったという。寡黙なタイプの山沢とは「お互いコーヒーが好きで、1人の時間も好き。毎朝、洗濯物を僕のぶんも持って来てくれた」といい時間を過ごしたという。プレーのことでも話すことはあったが、突然「引退後はどうするんですか?」と聞かれ、「まだまだ引退しないよ」と返したという。

 埼玉・深谷高3年時に元日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏が才能を認めて代表候補に入ったため、17歳から代表活動に関わる姿をみてきた。「実力もあって、あとはテストマッチでどれだけできるかが大事。彼の良さは蹴って、取って、自分でいけるところ。まずは自己表現することが一番かな、と思う。僕や、堀江さん、ガッキー(稲垣)、坂手もいる。サポートできれば」と期待していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請