【天保山S】オープン初勝利に手応えサダムスキャット 中尾調教師「賞金を加算したい」

スポーツ報知
状態のよさが目を引くサダムスキャット

◆天保山S(6月25日、阪神競馬場・ダート1400メートル)=6月24日、栗東トレセン

 オープンに昇級後、5戦して2着と3着が1回ずつ。オープン初勝利を目指すサダムスキャット(牝5歳、栗東・中尾秀正厩舎、父ヘニーヒューズ)はプールで調教し、翌日のレースに備えた。

 調教は動くタイプだが、2週続けて栗東・坂路で52秒6をマークし、気配は上々。中尾調教師は「動きはいいし、状態はいいね。前走は1歩目で滑ってタイミングが合わなかったので、スタートがうまく決まれば。この距離ならポジションはどこでもいいし、賞金を加算したい」と力を込めた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×