NHK大河「鎌倉殿の13人」丹後局・鈴木京香のパワーワード連発に視聴者恐怖…疑心暗鬼の大泉頼朝

スポーツ報知
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第25回の1シーン

 俳優の小栗旬が鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第25回「天が望んだ男」(26日放送)で、源頼朝(大泉洋)の疑心暗鬼ぶりに拍車がかかる。

 自らが殺した者も含め、身内が次々といなくなる頼朝。刃向かう御家人も視界から消していくうちに周囲はイエスマンだらけ。もはや誰の発言を信じていいのか分からない状態になる。800年以上たった現代でも変わらない、権力者の宿命なのかもしれない。

 一方、嫡男の源頼家(金子大地)と比企能員(佐藤二朗)の娘との間に長男が誕生。源氏と比企家の結びつきが強くなることに北条家はピリピリ。比企家と北条家間の緊張感が高まり、頼朝の死後に起こるバトルロワイヤルの素地ができてくる。

 第24回では源範頼(迫田孝也)の最期が描かれた。頼朝の暗殺騒動が起こり、頼朝死亡の誤報を信じ込んだ範頼が将軍位の継承を決意。結局生きていた頼朝から、謀反の心の有無を問い詰められる。「全ては鎌倉を守るため」と説明しても、兄の耳には届かない。結局、今作限定での暗殺のスペシャリスト・善児(梶原善)に殺されてしまう。

 邪魔者を次々と排除すると傍ら、頼朝は朝廷への接近を画策。娘の大姫(南沙良)を天皇に嫁がせようとする。しかし、そんな計画は丹後局(鈴木京香)に潰される。大姫と母の北条政子(小池栄子)と面談し「もう入内が決まったような口ぶりですね」「ただの東夷(あずまえびす)」「厚かましいにも程がある! そなたの娘など帝からすれば、あまたいる女子の一人にすぎぬのじゃ」とパワーワードを連発。政子親子も硬直した。

 「対面は間違いないですが、説教したか定かではないです」と番組関係者。あまりの迫力にSNSでは「今まで見た美女の中で一番怖い」「圧迫面接やべえ」との恐れる声が相次いだ。

 日本の歴史の中でも、比較的、女性の力が強かったといわれるこの時代。今作では、どんぐりを投げつけた八重姫(新垣結衣)や、夫の愛人宅に復しゅうを命じた政子ら女性陣の怒りも見どころの一つ。演じた鈴木も番組公式サイトのインタビューで「プレッシャーを感じていたのは私です」と告白。政子役の小池も同サイトで「苦しかったです。汗びっしょりになりました」「さすがと思いましたね」と振り返っている。

 第24回の平均世帯視聴率は12・0%で前回よりややダウン。時間帯ではライバルのテレビ朝日系「ポツンと一軒家」の13・0%に次ぐ数字だった。弊紙調べの週間視聴率ランキングでは7位。後半突入が間近に迫ってきた。キャスト陣の激しい喜怒哀楽を楽しみたい。(NHK担当・浦本将樹)

 ※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×