【宝塚記念】G1連勝狙うポタジェは坂路で充実の動き 友道調教師「状態は前走と変わらない」

スポーツ報知
G1連勝を目指すポタジェ

◆第63回宝塚記念・G1(6月26日、阪神・芝2200メートル)=6月24日、栗東トレセン

 大阪杯でG1初勝利を飾ったポタジェ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト)は、坂路をキャンターで65秒4ー15秒4。しっかりとしたフォームで駆け上がった。

 前日に発表された馬体重は前走時から16キロ増の484キロ。友道調教師は「輸送減りする馬なので、予定通り」と問題なしと強調した。大外枠となったが「パンサラッサを見ながらいければ。少しくらいなら道悪になっても大丈夫だし、ペースが速くなっても対応できる。レースに行くと勝負根性があるところを見せてくれるからね」と信頼を口にした。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×