【高校野球】吉原は70年ぶり8強が目標 渡辺颯哉二塁手は全9ポジションをこなす俊足…静岡県全チーム紹介「甲子園へ夏きゅん」

スポーツ報知
秋春連続で県大会出場を果たし、夏も8強を目指す吉原ナイン

 吉原の“超万能”選手が8強へ導く。渡辺颯哉二塁手(3年)は全9ポジションをこなし、50メートル走6秒1の俊足も兼ね備える。昨秋には「足を生かしたい」と右打ちから両打ちへの転向にも成功し「一本出れば波に乗れるチーム。出塁が自分の役割」と宣言した。

 野球脳も磨いてきた。石川雅俊監督(47)は「自分たちで課題を見つけてほしい」と週6日の練習メニューを全て選手に委ねる。バットの芯で打つ感覚を養うための「サッカーボール打ち」など独特の練習を積み、秋春連続で県大会へ出場と成果を示してきた。渡辺颯は「試合中も流れを読む力がついた」と白い歯を見せた。

 夏では70年ぶりとなる8強が目標だ。「3年生9人は(入部から)一人も欠けずにやってきた。団結すれば必ず勝てる」。走攻守を生かす「頭脳」も身につけたリードオフマンが、吉原の快進撃を生む。

(内田 拓希)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×