水沼尚輝、100Mバタフライ準決勝で日本新記録! 全体2位で決勝進出、史上初のメダルへ大きく前進

全体2位で日本勢5大会ぶりとなる決勝進出を決めた水沼尚輝(ロイター)
全体2位で日本勢5大会ぶりとなる決勝進出を決めた水沼尚輝(ロイター)

◆世界水泳 第6日(23日、ハンガリー・ブダペスト)

 男子100メートルバタフライ準決勝が行われ、日本記録保持者の水沼尚輝(新潟医療福祉大職)が、50秒81。3月にマークした自身の日本記録を0秒05更新し、全体2位で日本勢5大会ぶりとなる決勝進出を決めた。

 前半を24秒19で折り返し、後半でグングンと加速。200メートルバタフライを世界新記録で制したK・ミラク(ハンガリー)と2人だけ、後半を26秒台でまとめた。今年3月の代表選考会で、日本人で初めて50秒台に突入。世界水泳の決勝進出をかけた大一番で、自己ベストで泳いでみせた。

 全体2位で進んだ決勝は、翌24日(日本時間24日深夜)に行われる。表彰台となれば、日本勢初の快挙。水沼が、競泳ニッポンに新たな歴史を刻む。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請