東大阪北、快勝で春夏通じ全国大会初出場を飾る!…第53回日本少年野球選手権大会大阪中央支部予選

スポーツ報知
春夏通じ全国大会初出場を決め歓喜の東大阪北ナイン

◆第53回日本少年野球選手権大会大阪中央支部予選 ◇中学生の部▽決勝 東大阪北ボーイズ5―1松原ボーイズ(19日・久宝寺球場)

 大阪中央支部予選では決勝が行われ、中学生の部は東大阪北ボーイズが快勝し、春夏通じ全国大会初出場を飾った。

 歓喜の瞬間がやってきた。最後の打者のゴロを三塁手・久保が軽快にさばいて一塁へ送球。優勝とともに全国大会への扉を開いた東大阪北ナインが、マウンドへ殺到した。「新チームになってから全国へ行くのが目標だった。最高にうれしい」。チームを引っ張ってきた森主将は、感極まって涙を流した。

 2回1死一、三塁から小橋が「ハマ(濱元)がいい投球をしていたので、楽にしてあげたかった」とスクイズを決め先制。その後は投手戦が続いたが、6回に一気に相手を突き放した。1死満塁から、先発し好投していた濱元が左前へ2点打。小橋が右前タイムリーで続くと、吉川はスクイズを決めて4点を奪った。

 春季全国大会支部予選では、決勝で延長の末に敗退。選手らはそこから「右打ち、進塁打、1点ずつ」をテーマに練習を重ねてきた。最後の夏、大一番でも見事に実践し、初の代表切符を獲得。「泥くさく1点を取って頑張りたい」。そう話す濱元らナインは、夢の舞台でも“東大阪北野球”を貫く。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×