フジテレビの永尾亜子アナウンサー、7月に広報宣伝部に異動…入社7年目“リケジョ”の28歳

スポーツ報知
フジテレビの永尾亜子アナウンサー

 フジテレビの永尾亜子アナウンサー(28)が7月の人事で広報局広報宣伝部に異動することが23日、スポーツ報知の取材で分かった。この日までに内示があったという。

 入社7年目の永尾アナは長崎県五島列島出身。長崎大で理系を専攻した“リケジョ”として知られ、現在は、情報番組「めざましテレビ」(月~金曜・前5時25分)のエンタメキャスターなどを担当。正確なナレーション読みにも定評があり「Live News イット!」「ワイドナショー」などのナレーションも担当している。

 なお、入社8年目の内野泰輔アナ(30)はスポーツ局に異動。13年目の木下康太郎アナ(36)はアナウンス室と報道局社会部を兼務する。この秋、定年を迎える同局の三宅正治(59)、軽部真一(59)両アナウンサーは今回の人事で役員待遇のエグゼクティブアナウンサーに就任する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×