【巨人】阿部コーチ、4回5失点の赤星優志は「結果的には自分との勝負に勝てなかった」

スポーツ報知
2回1死一、三塁、森敬斗に右前適時打を打たれた赤星優志(カメラ・今成 良輔)

◆JERAセ・リーグ 巨人5―7DeNA(23日・東京D)

 巨人の赤星優志投手が先発し、4回7安打5失点で今季4敗目を喫した。

 立ち上がりから失点を重ねた。初回、2死から佐野にバックスクリーンへ先制ソロを浴びた。2回は森、蝦名にタイムリーを浴びて、2点を失うと、4回は2死二、三塁のピンチを招くと、蝦名に2点タイムリーを許した。

 阿部コーチは「前回登板(9日・西武戦)も慎重になりすぎているというか、そういうところが見えて。ボールが先行してつかまってしまった。反省点はちゃんと持ちながら、カウント球は大胆にとかね。しっかりとしたテーマをもっていったんだけれども、なかなかそこでやるべきことが出来なかった。まあ相手との勝負もあるんだけど、結果的には自分との勝負に勝てなかった」と話した。

 前回は、9日の西武戦(ベルーナD)で当初先発予定の菅野が発熱したため、緊急登板。5回2安打1失点(自責0)で3勝目を挙げたが、「厳しいところを狙いすぎて球数が増えてしまった」と、赤星も自らの課題を指摘していた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×