【高校野球】大阪桐蔭、同一ブロックに関大北陽「どこが相手でも厳しい戦いに」大阪大会組み合わせ決定

スポーツ報知
第104回全国高等学校野球選手権大阪大会の組み合わせ抽選会

 第104回全国高校野球選手権大阪大会の組み合わせ抽選会が23日、大阪市内で行われ、今春センバツVの大阪桐蔭は7月18日に、南・西・桜和の連合チーム―大手前の勝者との対戦が決まった。

 同一ブロックには関大北陽。有友茂史部長は「(関大北陽が先に決まり)そこに入ると思った」と昨夏の準決勝で14回タイブレーク勝ちした相手との顔合わせを待ち望んだ。

 近畿大会決勝では、智弁和歌山に敗れ、現チームでの公式戦連勝記録が29でストップ。試合後、星子天真主将(3年)は「もう負けられない。常に日本一という言葉を発していきたい」と甲子園Vへ強い意志を見せていた。

 現在は最終的な強化期間で、今後も練習試合を予定している。「本人たちは本当に一生懸命やっている。どこが相手でも厳しい戦いになるので、しっかり準備して負けないように」と有友部長。史上3度目の春夏連覇に向けた戦いが始まる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×