【巨人】村田真一氏、赤星優志は「本物の制球力」がないと1軍ローテでメシ食っていけない

スポーツ報知
4回、追加点を許しベンチに戻る赤星優志(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ 巨人5―7DeNA(23日・東京ドーム)

 赤星には大きな課題が残った試合になったね。調子が悪いようには見えんかったけど、結果は4回5失点。勝負どころ、しかも投手有利のカウントからことごとく打たれてしまった感じよね。

 2回1死一、三塁から森に打たれた適時打ももう1球、ボールを投げられる2ボール2ストライク。一番もったいないのは4回2死二、三塁から蝦名に打たれた適時打よね。初球にインコース低めの真っすぐでストライク。カウントを有利にした後の2球目で、同じ真っすぐを今度は、真ん中高めに投げて打たれた。(捕手・小林)誠司はボール球を要求したはずよ。3球目以降の布石やね。仮に打ち取りにいったんやとしても、相手は追い込まれるのが嫌で打ちにくるんやから、初球より厳しいところに投げないといけない。

 赤星は制球力で勝負する投手。空振りをバンバン取れるわけやない。例えるなら江川さんやなくて西本さんタイプ。肝心なのは、単にストライクを取れます、という制球力じゃなくて勝負どころで思った場所に投げられる「本物の制球力」よね。これがないと1軍ローテ投手として、メシは食っていけない。

 10ゲーム差か。厳しい数字やけど、あきらめる時期でもない。しっかり気持ちを切り替えてヤクルト戦に臨んでほしいよ。(スポーツ報知評論家・村田真一)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×