【中日】岡野祐一郎にアクシデント 4回先頭・内山壮真へ投球後に体勢崩し負傷交代

スポーツ報知
4回無死、打者・内山壮真の打席の途中で岡野祐一郎が足に違和感を感じて治療に戻るも、そのまま降板する(右は落合英二コーチ)(カメラ・豊田 秀一)

◆JERAセ・リーグ 中日―ヤクルト(23日・バンテリンドーム)

 中日の先発・岡野祐一郎投手にアクシデントが発生した。

 4回先頭・内山壮へカウント2―0から投球後、着地した左足が大きく折れ、そのまま体勢を崩した。

 落合ヘッド、トレーナーとともにベンチに下がったが、そのまま姿は見せず負傷交代。2番手・山本がコールされた。

 岡野は、初回に無死満塁で村上に今季4本目のグランドスラムを献上。先手を取られていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×