【岩田康誠の熱血!!競馬道】スマッシャーを復活へ導きたい 26日函館11Rの大沼S

スポーツ報知
大沼Sに出走するスマッシャー

 今週で上半期の競馬が終了します。一言で振り返るならば物足りない。ただ、それだけです。今年は重賞を5つ勝たせてもらっていますが、それ以上に負けていることの方が多いわけで、騎手ならばみんな、そう感じているはずです。数字や内容に満足することはできません。

 ただ、根岸Sを勝った後のフェブラリーSでも2着だったテイエムサウスダンや、エプソムCを勝たせてもらったノースブリッジなど、これからの成長が本当に楽しみな存在もいます。しっかりと進化した姿で、秋の大きな舞台へ向かえるように、自分自身も精進を続けていきます。

 そのためには、まずはこの夏、いや土、日ともに函館で騎乗する今週です。函館は大好きな土地ですが、今年はまだ勝てていません。まずは何とか一つ勝って、流れに乗っていきたい。大沼Sのスマッシャーは初めての騎乗ですが、3歳時に交流G1で少差の4着など力のある馬だと思っています。近走は今ひとつですが、何とかきっかけとなるような走りへ導きたいところです。(JRA騎手)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×