【宝塚記念】デアリングタクト完全復活見えた4枠7番 杉山晴調教師「ここならいい」

スポーツ報知
好枠ゲットのデアリングタクト

◆宝塚記念・G1(6月26日、阪神・芝2200メートル)枠順決定=6月23日・栗東トレセン

 完全復活を目指す20年3冠牝馬のデアリングタクト(牝5歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父エピファネイア)は、4枠7番からスタートする。

 杉山晴調教師は「ヴィクトリアマイルが極端な枠(1枠1番)で馬場の悪いインを通らされたので、極端でないここならいいですね。前走より動ける状態になっていますし、頑張ってほしい」と、好枠から発進できる叩き2走目で女王を復活させるつもりだ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×