【ロッテ】マーティンに井口監督「凡打の内容が良くなさすぎ」抹消のエチェバリア練習参加で競争激化

スポーツ報知
ZOZOマリンの全体練習に参加したロッテ・マーティン

 ロッテは23日、本拠地のZOZOマリンスタジアムで全体練習を行った。

 野手陣では1軍登録されているレアード、マーティンに加え、外国人枠の関係で登録抹消となっているエチェバリアも参加した。

 井口監督は今季54試合、215打席で打率1割6分9厘、7本塁打と状態が上がらないマーティンについて「凡打の内容が良くなさすぎて、ランナーも動かせられない。厳しいかなという感じ。ただね、頑張ってもらわないといけないので。そこは(相手投手との)相性とか見ながら。キョウタ(藤原恭大)もいますし、相性見てやってこうかなと思います」と話した。

 マーティンは前日22日の西武戦(ZOZO)で無死一塁、カウント2ボールから平凡な二飛に倒れる場面があった。

 1軍の外国人枠は現状オスナ、ゲレーロ、ロメロ、レアード、マーティン。エチェバリアが練習に参加することで、助っ人の競争意識が高まっていきそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×