【楽天】石井一久監督兼GMがドラ1吉野創士ら若手の練習を視察

スポーツ報知
3年目の黒川史陽と言葉を交わす楽天・石井一久監督兼GM(左)

 楽天のドラフト1位・吉野創士外野手、同3位・前田銀治外野手、2年目の入江大樹内野手、3年目の黒川史陽内野手が23日、1軍の試合がない本拠地・楽天生命で打撃練習を行った。

 4選手とも現在は2軍で、この日はイースタン・リーグの試合もあったが、石井一久監督兼GMが、将来のチームを背負う若手の現状を直接確認したいと4人を“指名”して呼び寄せた。

 1軍のホーム球場での練習に、吉野は「広くて気持ちがいい。練習だけではなく、1軍の舞台で活躍できるように頑張っていきたい」と笑顔。石井監督兼GMからは「練習からミスショットを減らしていけば1軍に近づくことができる」とアドバイスをもらったという。

 4人を指導している雄平2軍打撃コーチは「ありがたく、ぜいたくな時間だった。みんな力みまくっていたけど、いい経験になったと思う」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×