大谷翔平が奪三振ショー 自己最多タイ12Kで7回2安打無失点、最速161キロもマーク

スポーツ報知
大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ エンゼルス―ロイヤルズ(22日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(27)が22日(日本時間23日)、本拠地・ロイヤルズ戦に「2番・投手」でスタメン出場。7回まで2安打無失点で、自己最多タイとなる12三振を奪った。

 試合前に行われた2002年のワールドシーリーズ制覇20周年を記念したイベントが長引き、プレーボールが12分遅れた一戦。いきなり先頭から2者連続安打を許して無死一、二塁のピンチを迎えた。ウィットは内角直球で空振り三振を奪い、メジャー通算300奪三振。続くメレンデスを左直に打ち取ると、ドジャーを外角のスライダーで見逃し三振で抑えた。22球のうち13球がスライダーと、変化球中心の組み立てでスタートを切った。

 1回裏1死走者なしの1打席目は四球を選んで出塁。得点にはならず、イニングの最後まで走者として残った。2回表は、サンタナ、イスベル、リベラを3者連続スプリットで空振り三振。初回には1球も投げていなかったスプリットを4球投げて打者を翻弄した。

 3回も3者凡退。初回に安打を浴びたメリーフィールド、ベニンテンディも空振り三振、右飛に抑えた。直後の3回裏2死走者なしで迎えた2打席目は、遊撃手強襲の内野安打で出塁。3試合連続安打をマークしたが、得点にはつながらなかった。

 4回は3番ウィットからのクリーンアップを3者連続三振。スライダー、カーブ、スプリットと変化球を自由自在に操った。4回も左打者のイスベルから外角のカーブで見逃し三振を奪うなど3者凡退。5回裏1死一塁の3打席目は四球を選ぶと、1死満塁で4番・マキノンが右犠飛を放って待望の先取点が入った。

 1点リードの6回は1死から1番・メリーフィールドに四球を許し、初回以来となる走者を背負って16者連続アウトが止まったが、続くベニンテンディを二併打に打ち取って大きな声を出してガッツポーズを見せた。

 7回は1死から2者連続三振で12奪三振。2死からドジャーを空振り三振に抑えると力強いガッツポーズを作った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×