大谷翔平が試合開始12分遅れでピンチも初回はスライダー多投で無失点発進…米通算300K達成

エンゼルス・大谷翔平(ロイター)
エンゼルス・大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ エンゼルス―ロイヤルズ(22日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(27)が22日(日本時間23日)、本拠地・ロイヤルズ戦に「2番・投手」でスタメン出場。1回表のマウンドは、無死一、二塁のピンチを迎えたが無失点で切り抜けた。

 試合前に行われた2002年のワールドシーリーズ制覇20周年を記念したイベントが長引き、プレーボールが12分遅れた一戦。いきなり先頭から2者連続安打を許して無死一、二塁のピンチを迎えた。ウィットは内角直球で空振り三振。メジャー通算300奪三振となった。続くメレンデスを左直に打ち取ると、ドジャーを外角のスライダーで見逃し三振。22球のうち13球がスライダーと、変化球中心の組み立てでスタートを切った。

 連敗ストッパーとしての期待がかかっている。直近の登板では14連敗、3連敗を止めた大谷。9日(同10日)の本拠地・レッドソックス戦では、投げては7回1失点で打っても逆転2ランを放ち球団ワーストの大型連敗を止め、16日(同17日)の敵地・マリナーズ戦では6回無失点にマルチ安打を放って3連敗を止めた。チームは21日(同22日)に大谷が2本塁打を放つなど自己最多8打点を挙げるも敗れ、ア・リーグ中地区最下位のロイヤルズに2連敗を喫して、同西地区3位に転落した。

 試合前の時点で11試合に登板して5勝4敗、防御率3・28。直近は2連勝中で調子を上げて、中5日でのマウンドを迎えた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請