【宝塚記念】大阪杯3着アリーヴォ逆転へ意欲 陣営「現状のパフォーマンスは発揮できる」

スポーツ報知
追い切り翌日もリラックスした様子のアリーヴォ

◆第63宝塚記念・G1(6月26日、阪神・芝2200メートル)=6月23日、栗東トレセン

 大阪杯3着からの逆転を狙うアリーヴォ(牡4歳、杉山晴紀厩舎、父ドゥラメンテ)が、初G1タイトルに向け上昇ムードだ。房野助手は「調整過程はうまくいっていますし不安はない。現状のパフォーマンスは発揮できると思います」と万全の仕上がりを強調した。

 22日の最終追い切りでは坂路を馬なりで54秒0―12秒2と力強い動き。翌日のこの日の厩舎周りの引き運動では、リラックスした様子が印象的だった。2戦連続でコンビを組む武豊とともに、強力なライバルに立ち向かう。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×