【注目馬動向】CBC賞連覇を狙うファストフォースが50秒7 1週前追い切りで好時計

スポーツ報知
JRAロゴマーク

 来週のCBC賞・G3(7月3日、小倉・芝1200メートル)で連覇を狙うファストフォース(牡6歳、栗東・西村真幸厩舎、父ロードカナロア)が6月23日、1週前追い切りを行った。

 松山弘平騎手が騎乗し、坂路でレジェーロ(CBC賞を予定)との併せ馬。3か月ぶりとなるが、スピードの乗りは抜群で、一気に加速。馬体を併せてしっかり追ったラストも脚いろは衰えず、50秒7―11秒9の好タイムで先着。高松宮記念(9着)以来となるが、来週のひと追いで万全の態勢を整えそうだ。

 下川助手は「松山ジョッキーもいい感触をつかんでくれたようです。夏に強い馬で去年と同じくらいの状態で出せそうですし、平坦の1200メートルはベスト。ハンデ次第(昨年は52キロ)ですが、頑張ってほしい」と、気温の上昇とともに調子を上げてきた“夏男”に連覇の期待を寄せている。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×