【高校野球】島田樟誠、昨夏右手親指骨折、今春右膝負傷の岡村侑真「たまった思いぶつけたい」…静岡県全チーム紹介「甲子園へ夏きゅん」

スポーツ報知
創部初優勝を狙う島田樟誠ナイン

 復活した男がを引っ張る。岡村侑真内野手(3年)は今春地区大会途中で右膝を負傷。長期離脱していたが6月中旬に完全合流し、最後の夏に間に合わせた。「治ったことは安心だけど、もっと頑張らないといけない」と黙々とバットを振り込んでいる。

 離脱中は上半身を徹底して鍛えた。体幹トレや1日120回の腕立て伏せ、バーベルを使用してのリスト強化に汗を流した。復帰初戦となった6月12日の富士戦で右翼に2ラン。「まさか打てると思わなかった」。生駒基樹監督(48)も「苦しんだ分の成果が出ている」と評価する。

 レギュラーだった昨夏も大会前、右手親指の骨折でベンチ外に。同秋、チームはコロナ禍で辞退を余儀なくされた。「たまった思いをぶつけたい」。自身が離脱中に1年生が台頭するなどポジション争いも激化している。「危機感はある。自分がやれることをやり抜きたい」。復活ロードの先に、チームの初Vも待っている。(武藤 瑞基)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×