J2仙台、J1・C大阪に逆転負け…鎌田大夢が移籍後初ゴール

スポーツ報知
前半6分、天皇杯2戦連発のゴールを決める仙台MF加藤

◆第102回天皇杯▽3回戦 仙台2―3C大阪(22日・ユアスタ)

 J2ベガルタ仙台はJ1・C大阪に2―3で敗れた。前半6分にMF加藤千尋(23)のゴールで先制したが、その後に逆転を許した。J2いわてグルージャ盛岡はJ1福岡に1―3で敗退。後半25分にFWブレンネル(23)が一時同点のゴールを決めたが、9分後に勝ち越された。東北勢は全て姿を消した。

 あと一歩だった。J2リーグで最多となる40得点を決めている仙台は前半からMF遠藤康(34)を中心にボールをつなぎ、何度もゴールに迫ってJ1相手にも通用する攻撃を見せた。原崎政人監督(47)は「ゲームの入りもよく、しっかりとスペースを見つけてボールを自分たちで運ぶこともできるところは見せてくれた」と評価した。

 ただ守備は苦しんだ。1―0の前半31分にフリーキックからヘディングで同点とされると、同42分には左コーナーキックのこぼれ球を押し込まれ逆転を許した。後半5分には中盤でボールを奪われ、2人のカウンターから簡単に3点目を許した。

 後半17分には先発したMF鎌田大夢(21)がうれしい移籍後初ゴールを決めた。クロスのこぼれ球を拾った味方からペナルティーエリア中央でパスを受けると落ち着いて右足を振りぬきシュート。狙いすましたボールはゴール右上に吸い込まれてチームに勢いを取り戻した。

 19年以来の4回戦進出を逃したチームは25日にリーグ戦で7位・山形とユアスタで対戦する。指揮官は「クロスには体を張って守っているシーンもたくさんあった。足りないところを修正していきたい」とみちのくダービーに向け調整していく。

(山崎 賢人)

 ★MF鎌田大夢(移籍後初ゴール)「狙ったところにしっかり蹴れた。ずっと点が欲しかったのですごくうれしいが、ホッとした気持ちのほうが大きい」

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×