藤井聡太五冠、名古屋将棋対局場こけら落とし&A級初陣飾る「挑戦を目指せるように頑張りたい」

スポーツ報知
新設された名古屋将棋対局場で佐藤康光九段と順位戦A級1回戦を戦う藤井聡太五冠(提供・日本将棋連盟)

 将棋の藤井聡太五冠=竜王、王位、叡王、王将、棋聖=が22日、愛知・名古屋将棋対局場で指された第81期順位戦A級1回戦で後手の佐藤康光九段を101手で破った。

 対局場は、藤井の地元・愛知のJR名古屋近くに立つ「ミッドランドスクエア」の25階に新設され、この日がこけら落とし。記念すべき開場1勝目を挙げた。「地元で対局できてうれしい。すごく快適に対局できた」と関係者に感謝した。

 佐藤が2筋に飛車を振った後手向かい飛車。夕食休憩直前に、藤井が3筋に飛車を動かしてから徐々に優位に立った。「最後でこちらの玉が詰むかどうかという局面で、きわどかった」が、日付の変わった長丁場の戦いを押し切った。

 藤井は2017年度に順位戦に初参戦し、C級1組のみ2期経験したが、ほかはすべて1期抜けで昇級している。A級は初参戦だが、今期優勝すれば渡辺明名人=棋王=への挑戦権を獲得し、七番勝負を制すると、谷川浩司十七世永世名人の21歳2か月を超える20歳11か月での史上最年少名人になる。

 残りは8局。「1局1局を大事にして、挑戦を目指せるよう頑張りたい。どれも大変な将棋になると思うので、コンディションを整えて臨まなければいけない」。次戦は菅井竜也八段と後手番で対局する。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×