立憲民主党・松尾明弘氏の応援には菅直人元首相&枝野幸男元官房長官が登場 参院選東京選挙区

スポーツ報知
演説する枝野幸男氏(中)と菅直人元首相(左)と手を振る松尾明弘氏

◆参議院議員通常選挙(7月10日投開票)

 第26回参院選が22日、公示され、7月10日の投開票に向け18日間の選挙戦が始まった。全国最多の34人が立候補した東京選挙区(改選6)では、与野党ともビッグネームが続々応援に駆け付け、初日からヒートアップした選挙戦となった。

 * * *

 自民が首相経験者を投入すれば、立憲民主党も元首相が駆け付けた。

 立民が擁立した2人目の候補者である松尾明弘氏(47)はJR吉祥寺駅前で、菅直人元首相、枝野幸男元官房長官の応援を受けた。「(岸田政権が)無策だから、みな大変な思いをしている」。枝野氏は細田博之衆院議長のセクハラ問題に触れ、「中身は言いたくない。情けなさ過ぎて。権力はやりたい放題だ」と絶叫。菅氏は敵対する日本維新の会について触れ、「維新は核共有まで言っている。1議席も与えないで」と訴えた。

 一方、過去3回の選挙で90万、170万、110万票と圧倒的な存在感を誇る立民の蓮舫氏(54)は表参道の交差点で第一声。「岸田政権は防衛予算には敏感なのに(日用品などの)値上げには鈍感だ」とこの日も舌鋒(ぜっぽう)鋭く批判すると、「行財政改革を進め、税金がきちんと正しく使われるように取り組む」と訴えた。

◆東京選挙区(改選6)

 =届け出順、年齢は投票日現在、敬称略=

セッタケンジ 51N新

菅原 深雪 60諸新

山本 太郎 47れ元

中村 之菊 42諸新

安藤  裕 57諸新

海老沢由紀 48維新

荒木 千陽 40フ新

服部 良一 72社元

長谷川洋平 45N新

山添  拓 37共現〈1〉

猪野 恵司 38N新

竹谷とし子 52公現〈2〉

田中  健 56N新

沓沢 亮治 54諸新

桑島 康文 60諸新

小畑 治彦 36諸新

後藤 輝樹 39諸新

朝日健太郎 46自現〈1〉

込山  洋 48諸新

及川 幸久 62諸新

青山 雅幸 60諸元

生稲 晃子 54自新

松尾 明弘 47立元

蓮   舫 54立現〈3〉

斎木 陽平 30諸新

河野 憲二 74諸新

乙武 洋匡 46無新

中川 智晴 64無新

田村 真菜 34諸新

内藤 久遠 65諸新

松田 美樹 35N新

河西 泉緒 41諸新

油井 史正 78無新

中村 高志 62無新

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請