参院選公示 安倍晋三元首相が、小池百合子都知事が…日本一の激戦区・東京選挙区へ応援に駆け付けた

スポーツ報知
国会議事堂

◆参議院議員通常選挙(7月10日投開票)

 第26回参院選が22日、公示され、7月10日の投開票に向け18日間の選挙戦が始まった。全国最多の34人が立候補した東京選挙区(改選6)では、与野党ともビッグネームが続々応援に駆け付け、初日からヒートアップした選挙戦となった。

 * * *

 全国一の激戦区、首都決戦の火ぶたが切られた。

 自民から2選を目指す朝日健太郎氏(46)はJR原宿駅近くの商業施設で第一声を上げた。「東京五輪を検証し、次の社会に引き継いでいく」。一方、元「おニャン子クラブ」メンバーで新人の生稲晃子氏(54)はJR有楽町駅前で、がんの闘病を経験した立場から訴えた。「命をつないでもらったことへの恩返しがしたい」と話すと、感極まったのか、目を潤ませる場面もあった。

 2人の「首相」が支援に回る。朝日陣営には菅義偉前首相(73)が、生稲陣営には安倍晋三元首相(67)が全面バックアップ。今後も街頭演説や集会などに参加するという。

 公示初日からアクセル全開の自民陣営だが、都連幹部は「東京だけは分からないから」と警戒感を口にする。有権者数は全国で唯一1000万人(1152万2220人)を超え、参院選では過去最多。無党派層の割合も多い。自民は“小池旋風”が吹き荒れた2016年都知事選や都議選などで大敗を重ねてきた。逆風が吹けば、負ける。小池旋風で大敗北を喫した危機感は変わっていない。「2人当選が美しいが、そんなに甘くない。新人候補、現職もまだ1期。1人しか当選しない可能性もある」(都連幹部)

 自民が最も警戒する小池氏は、元秘書で「まな娘」と呼ぶ荒木千陽氏(40)を全面支援する。この日は自身のかつて選挙区でもあるJR池袋駅に駆け付けた。「懐かしいですね」と切り出すと、荒木氏を「即戦力の女性候補」と持ち上げた。荒木氏は「東京は知名度ある方が多く手を挙げている大激戦。しっかり戦いたい」と声を張り上げた。小池氏は今後も公務の合間を縫って、荒木氏の応援に駆け付けるという。

◆東京選挙区(改選6)

 =届け出順、年齢は投票日現在、敬称略=

セッタケンジ 51N新

菅原 深雪 60諸新

山本 太郎 47れ元

中村 之菊 42諸新

安藤  裕 57諸新

海老沢由紀 48維新

荒木 千陽 40フ新

服部 良一 72社元

長谷川洋平 45N新

山添  拓 37共現〈1〉

猪野 恵司 38N新

竹谷とし子 52公現〈2〉

田中  健 56N新

沓沢 亮治 54諸新

桑島 康文 60諸新

小畑 治彦 36諸新

後藤 輝樹 39諸新

朝日健太郎 46自現〈1〉

込山  洋 48諸新

及川 幸久 62諸新

青山 雅幸 60諸元

生稲 晃子 54自新

松尾 明弘 47立元

蓮   舫 54立現〈3〉

斎木 陽平 30諸新

河野 憲二 74諸新

乙武 洋匡 46無新

中川 智晴 64無新

田村 真菜 34諸新

内藤 久遠 65諸新

松田 美樹 35N新

河西 泉緒 41諸新

油井 史正 78無新

中村 高志 62無新

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請