【日本ハム】今季3度目の5連敗で借金16 サヨナラ被弾に「打ったバッターが素晴らしい」とビッグボス

スポーツ報知
ベンチで、厳しい表情の新庄剛志監督(カメラ・竜田 卓)

◆楽天6―3日本ハム(22日・盛岡)

 日本ハムは同点の9回に5番手の鈴木健矢投手が楽天・島内に3ランを浴びてサヨナラ負け。今季3度目の5連敗で、借金も最多の16に膨らんだ。

 3―3で迎えた9回裏、新庄剛志監督は守護神の北山亘基投手を4番手でマウンドへ送った。しかし、北山が1死一、二塁のピンチを招いて3番・浅村を迎えると、サブマリンの鈴木にスイッチする思い切った継投に出た。

 鈴木は前日の試合でも三振を奪った浅村を捕邪飛に仕留め2死とし、次打者は左打者の島内。ブルペンでは左腕の福田俊投手も準備していたが、ビッグボスは「(鈴木は)左打者も結構抑えているから。いろんな投げ方で」と、今季途中から取り組んでいるアンダースローに、従来のサイドハンドも加えた「千手観音投法」に期待して続投を決断した。結果は悪夢のサヨナラ被弾となったが、「打ったバッターが素晴らしいですよ」と、相手の4番打者を讃えていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×