【巨人】原監督「よく1点でしのいだ」 今季初登板の高木京介をたたえる

スポーツ報知
3番手で力投する高木京介(カメラ・相川 和寛)

◆JERAセ・リーグ 巨人5―4DeNA(22日・東京ドーム)

 巨人の原辰徳監督が、今季初登板となった高木京介投手の投球をたたえた。

 先発のメルセデスは初回から3イニング連続失点を喫するなどリズムをつかめず、1点リードの5回に先頭に四球を与えたところで降板。2番手・井納も4球連続ボールで四球を与えると、原監督はすぐに高木をマウンドに送った。

 高木は21日に出場選手登録されたばかりだが、経験豊富な左腕はピンチで仕事を果たした。桑原の三犠打で1死二、三塁となり、佐野の二ゴロの間に同点とされたが、牧を遊直に斬って勝ち越しを許さなかった。仮に勝ち越されていれば試合の流れも大きく相手に傾く場面だっただけに、同点でしのいだことは大きな意味を持った。

 試合後、原監督は「京介が非常に(試合を)締めた。あの場面はよく1点でしのいだというかね。2点ぐらいは覚悟しながら送り出したんですけど、やっぱり肝の座り方という点では非常によかったと思います」とたたえていた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×