氷川きよし人気ゲーム「信長の野望」に武将で登場!美声に容姿端麗な設定「感激です」

スポーツ報知
武将としてゲーム内に登場する氷川きよし(イラスト)

 歌手の氷川きよし(44)が歴史シミュレーションゲーム「信長の野望・新生」のエンディングテーマ「雷鳴」(7月21日配信リリース)を手がけることが22日、分かった。作品内でも武将・氷川きよしとして登場する。

 「信長の―」は1983年に開発された人気シリーズ。プレーヤーが好きな戦国武将を選び、有名武将を倒すなどして全国統一を目指す。今回は40周年記念作ということもあり、大型コラボが決まった。

 氷川がゲームのエンディングテーマを歌うのは、初めて。ミディアムバラードで、天下統一を目指して戦った武将たちの生きざまや心情を歌い上げている。氷川は「伝統あるゲームということで、とても光栄に感じております」と喜んでいる。

 過去にも、ゲームのテーマ曲を歌った平原綾香(38)が武将として登場したことはあるが、「武将・氷川きよし」は長い髪にイケメン剣客のようなビジュアル。筑前国出身で、「美声と歌唱力および端麗な容姿が評判」という設定だ。特性には「絶唱」という能力も。氷川は「自分が武将になってゲームに登場するなんて、夢にも思っていませんでした。とてもすてきなキャラクターにしていただき、感激です」と気に入っている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×