なでしこDF清水梨紗「色んなチャンスメイクをしたい」 25日、セルビア戦

スポーツ報知
オンライン取材に応じたなでしこジャパンのDF清水梨紗

 国際親善試合のセルビア戦(日本時間25日)、フィンランド戦(同28日)に臨むなでしこジャパンのDF清水梨紗(日テレ東京V)が22日、2試合で積極的な攻撃参加に意欲を示した。

 チームは21日にセルビア入り。現地の気候については、「日差しが強く、ジリジリしている。ちょっと日本っぽい暑さもあって、汗がすごく出る感じだった」。ベストイレブンにも選出されたWEリーグ初年度を5月下旬に終えて間もないが、オフ期間から今活動に向けて調整し、「ベレーザでグラウンドを開放してもらった。各自で体を作ってこないといけない難しさはあったが、その中でもいいコンディションが作れていると今は思っている」という。

 欧州勢との対戦は、昨年11月のアイスランド戦(0●2)、オランダ戦(0△0)以来。今年1~2月のアジア杯(インド)と比べ、「ウィング、サイドハーフの選手がすごく強力な印象が強い」といい、右サイドバックとしてプレーする上で、「個人として止めるのか、サイドハーフ、センターバックと合わさって止めるのか、色んな止め方があるが、相手の嫌がるところは意識したい」と強調する。主導権を握りやすいアジア勢との対戦より、耐える時間も増えることが予想される。「11月の遠征で、点を取れなかったのはチームの課題。サイドバックとして色んなチャンスメイクをしたい」と清水。積極的な姿勢を見せ、昨年10月に発足した池田太監督体制の対欧州勢1号に貢献する。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×