【巨人】高橋尚成氏「猛省してほしい」…メルセデス、三塁走者で滑らずアウトに

スポーツ報知
5回無死一塁、降板する先発投手のメルセデス(手前)の後方で険しい表情を見せる原辰徳監督(中央)(カメラ・関口 俊明)

◆JERAセ・リーグ 巨人5―4DeNA(22日・東京ドーム)

 しばらくの間、“8回の男”は平内に任せるべきではないか。150キロ超の直球には威力があり、球がコントロールされてバラつかない。度胸もあり、十分に重責を果たせると感じた。1学年後輩の大勢の存在も大いに刺激になっているはずだ。同世代の2人で高め合っていってほしい。

 メルセデスは初回、蝦名のライナーをポランコがはじいて安打となって気落ちしたのか、リズムに乗り損ねたように映った。投球に加えて2回1死二、三塁での三塁走者としての走塁も猛省してほしい。ウォーカーの左飛でタッチアップ。DeNAの中継の様子などを見ていたホームコーチャーの吉川が、大きな動きでスライディングするように指示していたにもかかわらず走り抜けてアウトになった。

 いかにも「ボールが返ってこない」といった様子で突っ立っていた捕手・嶺井の動きにだまされたのかもしれない。三塁走者が投手だとごくまれに引っかかることもあるが、明らかな凡ミス。けがにつながるプレーでもあり、絶対に滑り込まなくてはならなかった。

 やるべきことをやって失敗したら仕方がない。ただ、そうでなければベンチからすれば「何をやっているのだ」となる。「やるべきことをやる」との姿勢を今一度、徹底することによって、チームは上向いていくだろう。(野球評論家・高橋尚成)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×