日本男子最年少・松井琳空海が個人トップ 負けん気15歳 宿舎のゲームも「ボクが一番、うまい」

スポーツ報知
日本男子、最年少の松井琳空海(大会提供)

◆ジュニアゴルフ国別対抗世界選手権 2022トヨタジュニアゴルフワールドカップ 第1日(22日、三重・白山ヴィレッジGC=男子7018ヤード・パー72、女子6358ヤード・パー72)報知新聞社後援

 3年ぶり開催で、第28回を迎えたジュニアゴルフの国別対抗世界選手権が開幕した。7か国で争う男子は、5大会ぶりの優勝を狙う日本がイタリアと並ぶ首位で初日を終えた。チーム最年少の松井琳空海(りうら、15)=四国学院大香川西高1年=が、個人トップの65をマーク。21、22年春季全中覇者の活躍で、15年以来の頂点へ好発進を決めた。3連覇のかかる日本女子は、6か国中で3位からのスタートとなった。

 プレーも言動も、堂々たるものだった。松井は1イーグル、5バーディー、ボギーなしで個人首位の7アンダー。18歳2人を含む海外勢3人と回ったが「自分の方が強いと思いながら回った」と言ってのけた。

 パー5の2番は、残り215ヤードを4アイアンで1・8メートルにピタリ。楽々、イーグルを奪った。バーディーパットも、すべて2メートル以内だったが「1ピン(2メートル)くらいの(バーディーパット)が、あと3つくらいあった」と満足しなかった。

 15歳を支えるのが先輩だ。古川、大嶋、高田とは大会で顔を合わせるなど、なじみの仲。今大会中はコテージでの共同生活。ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のバレーボール対決にはまり「最高。楽しすぎる」。他メンバーからは「一番下手」と言われるが「ボクが一番、うまい」。強気も持ち味だ。

 チームも首位。7年ぶりVへ期待が高まる。「個人でも、団体でも優勝したい」。怖いもの知らずの“超新星”が頂点まで一気に突っ走る。(宮崎 尚行)

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×