【POG】函館でダンカーク産駒の新馬2勝目狙うマルモリディライトは武豊騎手とコンビ

スポーツ報知

 7月2日の函館・芝1200メートルでマルモリディライト(牝2歳、栗東・石橋守厩舎、父ダンカーク)がデビューを予定する。今年の函館開催の新馬“開幕戦”(6月11日、芝1000メートル)では、ダンカーク産駒のニーナブランド(牝2歳、美浦・高橋裕調教師)がデビューVを飾ったばかり。同産駒として函館の新馬戦2勝目を狙う。

 鞍上は武豊騎手を予定。中間はまだ調教にまたがっていないが、好仕上がりだ。「栗東でもある程度仕上がっているし、馬自体は走りは悪くない。(函館の)馬場でもいい動きをしています」と上籠(うえごもり)三男助手。栗東の坂路でも4ハロン52秒8をマークし、函館入り後も順調。活気ある動きを見せている。

 現在の馬体重は440キロ。それほど体は大きくはないが、「非力な感じはしないし、洋芝は合いそう」と同助手。デビューまであと1週調整できるだけに、まだまだ上昇の気配があり、初戦から楽しみだ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×