【宝塚記念】オーソリティ余裕で好タイム 帰国初戦に向け「いい追い切り」木村調教師は満足

スポーツ報知
Wコースで追い切ったオーソリティ(右)

◆第63回宝塚記念・G1(6月26日、阪神・芝2200メートル)追い切り=6月22日、美浦トレセン

 ドバイシーマクラシック・G1(UAE)3着からの帰国初戦を向かえるオーソリティ(牡5歳、美浦・木村哲也厩舎、父オルフェーヴル)は、美浦・Wコースで追い切られた。

 ナイトフローリック(4歳2勝クラス)の4馬身前を行き、スピード感のある走りを披露。直線は軽く仕掛けられただけでスッと反応して併入。余裕残しで5ハロン68秒7―11秒7をマークした。

 「1週前の段階で長めにハイペースでやり、ある程度の気持ちの強さが感じられたので、今週は気分良く行かせた」木村哲也調教師。「動きは良かったし、いい追い切りだった」と仕上がりに満足の笑みを見せた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×