【宝塚記念】タイトルホルダー流れるような最終デモ 栗田調教師「しっかり折り合えてラストもいい時計」

スポーツ報知
G1連勝へ横山和が2週連続で騎乗したタイトルホルダー(右)

◆第63回宝塚記念・G1(6月26日、阪神競馬場・芝2200メートル)追い切り=6月22日、美浦トレセン

 前走の天皇賞・春を7馬身差で制し、昨年の菊花賞に続くG1・2勝目を手にしたタイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎、父ドゥラメンテ)は先週に引き続き、横山和生騎手が騎乗してWコースで併せ馬を行った。僚馬を2馬身半追走してスタートすると、1週前より素軽さが増した脚さばきを披露。4コーナーでは内に進路を取ると、ゴール手前で馬体を並べて同時にフィニッシュした。スピード感があり、ラスト1ハロンも11秒2をマーク。流れるような文句なしの最終デモだった。

 栗田調教師は「折り合い面と走りのバランスを確認しましたが、しっかりと折り合えてラストもいい時計でした」と納得の表情を浮かべた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×