【宝塚記念】ポタジェ、馬場悪化の坂路を避けてPコースで追い切り 友道師「走りたい気持ちを出していた」

スポーツ報知
単走で調整したポタジェ

◆第63回宝塚記念・G1(6月26日、阪神・芝2200メートル)追い切り=6月22日、栗東トレセン

 大阪杯に続くG1連勝を狙うポタジェ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト)は、坂路での追い切りを予定していたが、降雨の影響で馬場が悪化したためPコースに変更した。馬なりでサッと流しただけだが、前半から折り合い、軽いフットワークで駆け抜け6ハロン88秒0―12秒7をマークした。大阪杯以来3か月ぶりとなるが、力を出せる仕上がりだ。

 友道調教師は「坂路の馬場が悪いのでポリトラックで。先週しっかりやって馬体が絞れてきましたし、今朝は自分から走りたい気持ちを出し、リズムよく走っていました。前に行く馬が何頭かいて、縦長で持久力勝負になりそうなのは、この馬にはいいですね」と、連勝へ向けて手応え十分だった。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×