馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

【宝塚記念】デアリングタクトは坂路で軽快にラスト12秒3 松山弘平騎手「一緒に勝ちたい気持ちは強い」

松山弘平が騎乗し、重馬場の坂路を力強く駆け上がるデアリングタクト
松山弘平が騎乗し、重馬場の坂路を力強く駆け上がるデアリングタクト

◆第63回宝塚記念・G1(6月26日、阪神・芝2200メートル)追い切り=6月22日、栗東トレセン

 デアリングタクト(牝5歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父エピファネイア)は、1週前にCWコースで6ハロン78秒9という速い時計を出しているだけに、最終追い切りは坂路を単走で。

 松山弘平騎手が騎乗して馬なり。力むことなくスムーズに折り合って運び、軽快な脚どりのままフィニッシュして54秒9―12秒3。長期休養明けのヴィクトリアマイルを使った後も反動はなく、素軽い動きで上積みをアピールした。

 松山騎手は「一度使って取り戻してきましたね。しっかりまとまったいい形で追い切りを終えられました。距離は問題ないですし、もう一度勝利できるよう頑張ります。デアリングタクトと一緒に勝ちたいという気持ちは強いので」と好感触を伝え、20年3冠牝馬を再び頂上へ導くつもりだ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請