【宝塚記念】ディープボンドは単走で鋭い締め 和田竜二騎手「弾んでいたよ」

スポーツ報知
坂路を駆け上がるディープボンド

◆第63回宝塚記念・G1(6月26日、阪神・芝2200メートル)追い切り=6月22日、栗東トレセン

 ディープボンド(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎、父キズナ)は、1週前追い切りで6ハロン79秒1―11秒5という猛時計をマークしているだけに、最終追い切りはCWコースを単走のメニュー。

 和田竜二騎手を背に馬なりで進めたが、気合い乗りは抜群で引っ張り切りでラップを上げる。直線も申し分なし。軽く促した程度でしっかりと反応して6ハロン83秒6―11秒8。先週の追い切り後には「もう2着はいらない」と、拳を握りしめた主戦が悲願のG1制覇に向け、こん身の仕上げを完遂させたか。

 和田竜騎手は「しまい重点だったけどよかったね。余裕のある動きだったが、緩みもない。追い切り後のなみ脚は弾んでいたよ」と、抜群の状態を確認し、笑顔を見せていた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×