“東欧の怪物”ミラク、異次元の世界新記録で連覇 男子200Mバタフライ、2位に3秒差の圧勝劇

スポーツ報知
優勝したミラク(左)と本多灯(ロイター)

◆世界水泳 第4日 男子200メートルバタフライ決勝(21日、ハンガリー・ブダペスト)

 男子200メートルバタフライ決勝は、世界記録保持者のK・ミラク(ハンガリー)が1分50秒34で優勝。3年前に自身が出した世界記録を0秒39更新し、2連覇を達成した。

 まさに異次元。2位のL・マルシャン(フランス)に3秒以上の差をつける圧勝劇だった。スタートから体一つ抜け出すと、前半を51秒89でターン。ハイテンポ、ハイスピードでもなめらかな泳ぎで、後半も後続と差を広げてタッチした。2年前に19歳で“水の怪物”M・フェルプスの世界記録を破り、ついた異名は“東欧の怪物”だった。

 昨夏東京五輪では、1分51秒25の五輪新記録で優勝。19年のジャパンオープンで来日した際には、瀬戸大也(TEAM DAIYA)にお願いしてすしを食べに行くなど日本選手との交流もある。男子200バタで絶対王者だったフェルプスの世界記録を超えて以降、底知れぬ22歳。前人未到の1分49秒台も、もう目の前だ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×