【巨人】戸郷翔征は7回に2死球でピンチを招くも、追加点は与えず 阿部コーチ「よく抑えて帰ってきてくれた」

スポーツ報知
力投する戸郷翔征(カメラ・相川 和寛)

◆JERAセ・リーグ 巨人1―3DeNA(21日・東京D)

 巨人の戸郷翔征投手が先発。7回1失点と好投したが、打線の援護に恵まれずリーグトップタイの8勝目とはならなかった。

 1―1の7回。先頭の桑原、ソトに連続死球を与えて無死一、二塁のピンチを招いたが、後続を打ち取って相手打線に得点を与えなかった。

 この日は試合前に桑田コーチが新型コロナウイルスの陽性判定を受けたため、代わりに阿部コーチがブルペンと連絡を取っていた。同コーチは試合後、右腕について「最後(7回は)よく粘りましたし、最後のマウンド降りる回はデッドボールデッドボールで、やっぱり変わってほしくなかった。結果オーライですけど、よく抑えて帰ってきてくれた」と粘投をたたえた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請