東大阪花園、時間切れ寸前“逆転サヨナラ”で勝利!!…第14回関西さわやか大会決勝トーナメント

スポーツ報知
時間切れでの“サヨナラ勝ち”に歓喜の東大阪花園ナイン

◆第14回関西さわやか大会決勝トーナメント ◇中学1年生の部▽1回戦 東大阪花園ボーイズ7―6生駒ボーイズB=5回時間切れ=(18日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 関西ブロック所属9支部の代表32チームによる決勝トーナメント(T)が始まった。18、19日は1回戦16試合が行われ、時間切れ寸前のもつれた試合を“逆転サヨナラ”で勝利した東大阪花園ボーイズ(大阪中央支部)が16強入りを決めた。

 勝利の女神は東大阪花園にほほ笑んだ。1点ビハインドの5回2死。このままだと時間切れで試合が終わり敗戦…。だが、そこからドラマチックな展開が待っていた。

 北田主将が四球で出塁すると、次打者・加古も四球を選ぶ。相手ミスもあり2死一、三塁となり打席には、それまで2安打していた畠添が立った。「しっかりバットを振ることができ、ボールをうまく押し込めた。最高です!」。自画自賛の一打は中越えへ。北田に続いて、加古も生還。勝利を確信したナインが、本塁付近で歓喜の輪をつくった。

 大阪中央支部T初戦でも、時間切れ寸前の5回に5得点し“逆転サヨナラ勝ち”。ミラクルを立て続けに起こすナインに井上監督も「リードされながらも気持ちを切らさなかったので勝てた。いい経験になったと思う」と目を細めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×