大阪柴島、最終回に猛攻で初戦突破!次も打ちまくるぞ!!…第14回関西さわやか大会決勝トーナメント

スポーツ報知
初戦を快勝した大阪柴島ナイン

◆第14回関西さわやか大会決勝トーナメント ◇中学1年生の部▽1回戦 大阪柴島ボーイズ7―1羽曳野ボーイズ(18日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 関西ブロック所属9支部の代表32チームによる決勝トーナメント(T)が始まった。18、19日は1回戦16試合が行われ、大阪柴島ボーイズ(大阪北支部)が終盤に猛攻を見せて勝利。

 最終回に大阪柴島打線が火を噴いた。6回1死一、二塁。まずは橋本が「前の2打席は当てにいって凡退していたので、フルスイングした」と左越えへ2点三塁打。次打者・石橋も「少し振り遅れ気味だったが、しっかり打てた」と右前適時打で続いた。

 なおも一、二塁から万力が右前へタイムリー。「みんながつないでくれたので、絶対に打とうと思った」。普段はチャンスメイクに徹するリードオフマンの一打で、この回4点目を奪い試合を決めた。

 それまでも理想的な試合運びだった。初回1死一塁から砥谷が「先制点につながれば」と右前打で好機を広げ、相手暴投で先制。3回は亀井の左犠飛、5回にも亀井が中前適時打し、小刻みに加点していた。投げては先発・梅田が「調子がよかったし、いい投球ができた」と5回を3安打1失点。2番手・坂本が6回をピシャリと締めるなど、投打ががっちりかみ合った。

 大阪北支部トーナメントでも、1回戦で快勝し波に乗り代表切符を獲得。決勝Tでも幸先いい大勝スタートに緒方主将は「今後も圧倒的点差をつけて勝ちたい」と気合。大会初優勝を目指し、次も打ちまくる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×