【ヤクルト】鉄壁の田口投入も今季3度目のサヨナラ負け 連勝は8でストップ 高津監督「あしたまた粘り強く頑張りたい」

スポーツ報知
10回2死満塁、代打・三ツ俣大樹に左翼へサヨナラ安打を打たれ、マウンドでしゃがみ込む田口麗斗(カメラ・豊田 秀一)

◆JERAセ・リーグ 中日2―1ヤクルト(21日・バンテリンドーム)

 ヤクルトが、5月5日の阪神戦(甲子園)以来となる今季3度目のサヨナラ負け。連勝は8で止まった。

 1―1の延長10回から2番手で今野が登板。2死一、二塁で、溝脇に右前打を許し、満塁のピンチを招いて降板。ここまで22試合で防御率0・00の田口が3番手でマウンドに上がった。田口は、代打・三ツ俣を2球で追い込んだが、1ボール2ストライクから、146キロ直球を左前にはじき返されて、サヨナラ負け。マウンドで膝をついた鉄壁左腕だが、高津監督は「しょうがない。今までも、これからも頑張ってくれると思う」と信頼は変わらなかった。

 チームの連勝は今季最多の8でストップ。2位の巨人も敗れたため、9ゲーム差は変わらず、首位を独走。高津監督は「継投もすごく難しかったですし、よく守ったりしてのロースコアだったと思う。あした、また粘り強く頑張りたいと思います」と前を向いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×