【阪神】チェン・ウェインがシーズン途中に構想外で退団へ 日米通算96勝も今季登板なし

スポーツ報知
チェン

 阪神のチェン・ウェイン投手は21日、戦力構想から外れ、事実上の退団が決まった。この日、球団からウェーバー公示の手続きを行うことを通達された。嶌村聡球団本部長は同日の広島戦(マツダ)の試合前に取材に応じ、「非常に残念ではあるのですが、うちのチーム構成を考えた場合、なかなか今の現状では上(1軍)で先発ローテーションに入ってくるというのは(難しい)ということで、判断をさせてもらった」と説明した。

 日米通算96勝のチェンは20年オフに年俸200万ドルの2年契約で阪神に加入。昨季4月29日の中日戦(バンテリンD)で日本球界では10年ぶりとなる勝利を挙げたが、同年6月に左肩の故障で離脱した。その後リハビリに取り組み、今季はウエスタン・リーグで7試合に登板し、2勝1敗、防御率3・03。今月18日のオリックス戦(高槻萩谷)でも先発したが、1軍での出番はなかった。

 チェンは22日にウェーバー公示され、そこから1週間以内に獲得を希望する球団がなければ、自動的に自由契約選手となる。

 球団は20日に元オリックスのロドリゲス獲得と育成・島本の支配下復帰を発表。2人を加えれば、支配下登録選手70人枠が埋まることになっていたが、補強期限の7月31日を前に再び1枠の余裕が生まれる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×