馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 小倉 函館

落合博満氏のように狙ってホームランを打てる競馬記者に 予想をする際、心に留めていること

戸田記者が3連単を的中させた先週のマーメイドS。勝ち馬はウインマイティー(中)
戸田記者が3連単を的中させた先週のマーメイドS。勝ち馬はウインマイティー(中)

 「ホームランって狙って打つんだ」。今年から競馬担当になり、予想をするにあたって、思い出した言葉だ。その主は落合博満氏。プロ野球で7人しか成し遂げていない3冠王を唯一、3度も獲得した大スラッガーだ。

 記者がまだ駆け出しだったころの2005年から落合竜の担当を務めた。無口で無愛想。世間ではそんなイメージが強いかも知れないが、実はおしゃべり。それは最近、開始したユーチューブを見てもらえれば分かるとも思う。移動の車中や、お酒を飲みながらいろんな話を聞かせてもらった。そのなかで記憶に残っている言葉のひとつだ。

 「ヒットの延長がホームランと言う人がいるけど、俺はホームランの打ち損ないがヒットだった。ホームランは狙って打つんだ」。500、1000、1500、2000安打と節目の安打はすべて本塁打。記録を振り返れば、その重みも増すとも思う。

 競馬担当になり、なぜその言葉を思い出したか。それは、例え数人でも読者の人が自分の予想を見て馬券を買ってくれる人がいると感じたから。今の記者にとってホームランとは的中馬券を届けることだと思う。

 20年以上、馬券は買い続けているが、自分の予想が新聞に掲載されることはいまだに慣れない。そんななか、手前味噌になって申し訳ないが、先週のマーメイドSのウインマイティー(10番人気1着)、先々週のエプソムカップのガロアクリーク(8番人気2着)と本命馬が好走。知り合いからLINEなどで祝福されるようにもなってきた。ただ、歴代6位となる510本塁打をマークした落合氏のようになるには、さらに精度を高める必要がある。狙って当てた―。そう言えるように精進を続けたい。(中央競馬担当・戸田 和彦)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請